中古の場合はどれくらいの価格で売却できる?

近年、新築一戸建ての購入者は減少傾向にあるといわれており、かわりに中古の一戸建てに人気が集めっています。その理由としては、新築一戸建てというもののブランド価値が下がっていることや、不況のために将来の見通しが立てにくく、新築を購入する資金を用意できない人が増えているといったことが挙げられます。そのような中、長年住み続けていた住宅を売却したいと考える人が増加しているといわれています。そこで、近年不動産業者の多くはこうした中古物件の買取にも力を入れています。中古住宅を売却する場合には、家そのものの価値はほとんどない場合が多く、およそ10年以上の築年数の家の場合には土地の価格だけが重要な要素になります。そのため、住宅の任意売却を検討している人は地元の有力な不動産業者を複数訪問し、見積もりを出してもらうといった作業が必要になります。また、最近ではインターネットなどを利用して、不動産業者が多く集まっているサイトで売却価格の一括査定を出してもらうことができるようになっています。

火災保険の口コミ
親鸞会が好き
表参道 税理士の良さを伝える
Gooで欲しいもの見つかる
twitter

最新記事